SGEC
日本にふさわしい森林認証制度、SGECにて森林環境の保全と循環型社会の形成に貢献します。
HOME > 代表者ご挨拶

代表者ご挨拶


代表取締役 渋谷 光敏

赤坂木材株式会社は、森林資源に恵まれた北見市(旧留辺蘂町)で豊かな森の恵みを享受し、創業以来80年を超え、原料供給の担い手として素材生産業を営んでまいりました。
私共は、森林は多様な公益的機能を有する国民の財産と認識し、自然環境に十分配慮した森林整備を行い、循環型社会の形成を目指し、地域社会に貢献する企業を目指し努力をしてまいります。
皆様には今後とも変わらぬご愛顧ご支援賜りますようお願い申し上げます。


企業理念

経営理念

『人と地球環境にやさしい森林の整備を通じて、地域社会に貢献する企業を、目指します』

行動指針

 森林は、多様な公益的機能を有する国民の財産と認識し、森林にやさしい施業の実施により、循環型社会の形成と環境問題に取組みます。

 当社は、森林整備の担い手として持続可能である森林の整備作業を展開することにより、水源涵養など公益的機能の増進、二酸化炭素の吸収促進による地球温暖化防止等、地域社会に貢献します。

 当社は、公正で信用される企業経営を行うため、各種法令を遵守することはもとより、森林認証制度(SGEC)のCoCを取得すると共に、不法に伐採された木材は取り扱わない旨を定めた、合法木材供給事業者の認定を受け企業活動を行っております。

 当社は、森林整備により伐採された間伐材の有効利用を促進するため、高性能林業機械の導入、オペレータ教育の徹底などにより間伐材搬出コストの低減を目指し、地域の木材産業振興のための原料供給を行います。

 当社は、林業における労働災害を憂慮し、安全がすべての最優先と考え、労働安全衛生管理計画を策定し、すべての関係者の安全を確保します。

労働安全衛生計画

基本理念

『人材こそ最大かつ唯一の財産である』

基本理念に基づき、当社で働く人すべての安全と健康を確保し、快適な職場環境の形成を促進します。

基本方針

「経営理念」と「労働安全衛生基本理念」とは、車の両輪である。

労働災害防止は、会社経営における重要な柱と考え、企業活動のあらゆる分野において労働災害防止を最優先とし、以下の方針に基づき管理監督者以下全員が一致協力し労働災害ゼロをめざし労働安全衛生活動を推進する。

 1.安全衛生管理は、一人一人の責任であることを認識する
 2.安全衛生教育を計画的に実施し、安全意識の高揚を図る
 3.作業標準を遵守し、不安全行動を撲滅する
 4.先読み行動により災害防止の措置を適切に行う
 5.安全で衛生的な作業環境を保持する
 6.従業員の心身の健康管理に努める