SGEC
日本にふさわしい森林認証制度、SGECにて森林環境の保全と循環型社会の形成に貢献します。
HOME > 業務ご案内

業務ご案内

森林整備事業

素材生産

素材生産

木材生産を目的とした山林や、人工林の間伐作業で立木を伐採し、枝を払い、一定に長さに切りそろえ丸太にする作業を「素材生産」と言い、昔は「造材作業」と言われていました。

   
造林

造林

木材生産や更新を目的に伐採された個所や自然災害などの跡地に、人の手によって、植林し下刈り、除伐、間伐などの作業を行い森林を再生させる作業を「造林作業」といいます。

 

詳しくはこちら

素材販売事業

素材販売

木材は大きく分けて「針葉樹」と「広葉樹」に分類され販売されます。針葉樹に分類されるトドマツ、カラマツ等は建築用製材や合板材、製紙用原料とし販売します。また、広葉樹に分類される木材は種類が多く北海道を代表する広葉樹ナラ、タモ、シナ、カバ類などは、住宅用材や家具用材、その他広葉樹の多くは製紙用原料として販売します。またナラ、タモ、イタヤなどの一部は「炭や薪用材」として販売しております。

詳しくはこちら


なぜ間伐が必要
植林された木が成長し、隣接する木の枝葉が触れ合うようになると、お互いの木が競争するようになり肥大成長せず、伸長成長するためにヒョロヒョロの森林が形成され、風雪害を受けやすくなります。また、密生していると、地表に日光が届かず下層植物が育たないため、降雨による地表の流失等森林災害の原因になります。
適切な間伐を行い、森林を管理することにより、水源涵養や生物多様性など森林の持つ多様な機能を発揮させることが出来ます。